月舟記録

写真で綴る日々の記憶と記録。

バッテリー交換など

車検の時指摘されていた古バッテリーを交換したり、

f:id:tsukifune77:20200920130240j:plain


シフトインジケーター照明が切れたので交換したりしました。

f:id:tsukifune77:20201006173923j:plain

T5規格、298円。小さい。安全を光に託して小糸製を。

f:id:tsukifune77:20201006174020j:plain

こうして

f:id:tsukifune77:20201006174046j:plain

こうなって

f:id:tsukifune77:20201006174114j:plain

取れました。切れてます。13年お疲れ様。

f:id:tsukifune77:20201006174153j:plain

ついでにアルミテープでリフレクター作って

f:id:tsukifune77:20201006174224j:plain

点灯確認。LEDより、やはり信頼の電球。黄色いカバーもつけます。

出来上がりはこんな感じで。

f:id:tsukifune77:20201018140200j:plain

「どうだ明るくなつたろう」

(社会科資料集のやつ!)

ラジオから聞こえる歌

f:id:tsukifune77:20201013171613j:plain

ヨルシカとYOASOBIの区別が曖昧です。年取ったなぁ。音楽も洋服も新しいものにセンスが追いつかない感じです。こうして好みが固定されて、時代とずれていくのか。ずれながら力を抜いてそれでも楽しみたいです。

夜中に目が覚めて、明け方まで眠れないそんな時に聞くFMの音楽流しっぱなしの時間が結構好きだったりします。

機器のメンテナンスだったりで適当に流しているようで、曲の流れにおおっとなったり。この前はインターFMからACIDMANの赤橙が流れて青春時代振り返りおじさんになりました。

そのまま寝落ちしたり、新聞配達のカブの音にあぁ夜明けじゃんと焦ったり。あれ、意外と20年前と変わってないかも。

この頃

f:id:tsukifune77:20200930204810j:plain

屋根のくすみが気になって磨きました。今度は屋根以外が気になる。んもー。


 f:id:tsukifune77:20201008192946j:plain

米軍のハンビーがトレーラー牽引。ハンビーが小さく見えるこのトレーラー欲しい。


f:id:tsukifune77:20201013132841j:plain

別の日に自衛隊とも遭遇。隊列に混じってみる。


f:id:tsukifune77:20200930204903j:plain

麺とソース、進行のシンクロ具合で現状把握。調子良好。カルボナーラ3人前。パスタも炒飯のように1人分ずつ作る方が美味しい気がします。

 

f:id:tsukifune77:20201002230100j:plain

我が家の雨水貯水容器、満タンになると溢れて水たまりを作るので、塩ビ管でオーバーフロー管を作って雨樋から浸透ますに戻すようにしました。

f:id:tsukifune77:20201009120133j:plain

ヨシッ!パッキンではなくシールテープにして優勝。


f:id:tsukifune77:20201001120445j:plain

時々見かける謎の車。横を見るとパナソニックの実験車両と記載が。ひたすら運転するだけの仕事無いものか。グーグルストリートビューの車を運転する仕事してみたい。

「凄い!ジオラマ展!!」

イオンモールむさし村山で9月末まで開催されていた情景師アラーキーの「凄い!ジオラマ展!!」にすべり込みで行ってきたときの写真です。

f:id:tsukifune77:20200929153318j:plain

広い通路の一角で無料で見られるなんて!

f:id:tsukifune77:20200929153427j:plain

作り込みが凄くて、寄りで撮ると普通に風景写真のようです。

f:id:tsukifune77:20200929153611j:plain

f:id:tsukifune77:20200929153644j:plain

f:id:tsukifune77:20200929153725j:plain

f:id:tsukifune77:20200929153754j:plain

f:id:tsukifune77:20200929153817j:plain

f:id:tsukifune77:20200929153840j:plain

トラックもメカトロヴィーゴ顔。

f:id:tsukifune77:20200929154000j:plain

f:id:tsukifune77:20200929154039j:plain

f:id:tsukifune77:20200929154500j:plain

f:id:tsukifune77:20200929154526j:plain

f:id:tsukifune77:20200929154552j:plain

f:id:tsukifune77:20200929154637j:plain

それぞれ台座に凝っていたり、時間の流れや物語を感じさせる各種アイテム、間近で実物を目にできて最高でした。老若男女足を止めてじっくりと見ていたのも印象的。

続きまーす。