月舟記録

写真で綴る日々の記憶と記録。

富士川クラフトパーク

気まぐれ親孝行プレイ的ドライブで訪れたこちらは富士川クラフトパーク身延町都市公園で、道の駅やクラフト体験ができる施設があります。広々。

目的地は公園内の富士川切り絵の森美術館。国際切り絵展入選作の展示を見学します。

世界各地からの作品を見つつ、切り絵も様々な技法があるのだなあ、と再確認。

奥行きを使って立体感を出したり

後ろから色のついた紙を貼り付けたり、集中力と時間がとても必要そうです。展示作品は撮影可能でした。

白一色で滝を表現した作品はどうやって作っていくのだろうか最後まで想像つかなかった。切って重ねていることしかわからなくて「切り絵脳」的な思考があるのかと思ったり。あとこの公園のメタセコイヤ並木、赤くなったら写真撮りにまた来たい雰囲気でした。

帰りは道の駅に寄りつつ、談合坂でソフトクリーム分を摂取して(シャインマスカットソースがけ)帰宅。車も人間もリフレッシュできました。

アイスティーは残暑の名残り

いい感じに昔のままのジョナサンを見つけてたまらず入店。この壁紙、この椅子。

ドリンクバーのピンクグレープフルーツドリンクにアイスティを「乗せ」て、大人味のノンアルコールカクテル風を。うまい、うますぎる。

(大人味、などと申しておりますが大人はドリンクバーを混ぜたりしない)。

ここのジョナサンはむさしの森珈琲とかにせずぜひジョナサンのままでいて欲しい。

昨今ファミレスの業態が厳しいのは言うまでもないですが、制服や内装やメニューを復刻したファミレスをどこかやりませんか。絶対行く。そしてレジ横のよくわからないおもちゃも買っちゃう。

これは別の日別の場所。イオンモール座間の展示車両がハコスカGT-Rでした。うっとり。

排気音より吸気音がガオガオ言っているのが好みです。現在はS30のフェアレディZを展示しています。これも撮りたい。

手こずる

腕時計のバンド調整。現状ややきつめをひとコマ増やしてバックル側の穴でふたつ分詰めます。最近よく使われているこの小さい筒状の部品に手こずります。飛ばしたら最後。手が震える。昔ながらの割りピンがいいなあ。

押し出す工具側のピンが抜けたり、抜いた時計側のピンを曲げてしまってその修正など本来の作業以外に時間がかかりました。腕が落ちたなぁ。昔はお出かけ前にできたけれど。そして完成。微妙に緩いけれどこれはもう腕を太くすることで合わせようと思います。

気圧傾向が分かるとにわか雨や台風の影響がわかりやすく、スマホGPSがついても気圧計があるプロトレックをつけたくなります。

大野山ドライブの後は

山北町の大野山まで行った日、ここまで来たら当ブログ読者ならお気づきですね、昼ごはんは足柄SAへいつもの下道から徒歩入場。

今回はカレーが食べたくてCoCo壱がある下り側へ向かいました。

無事にカレーも食し、お土産売り場をパトロール。我ながら無駄のない動きにドヤる。

散策しつつ車へ戻ります。途中散歩中の黒柴がめっちゃ懐いてきました。「あの時の鶴です」くらいの勢いでとても可愛かった。

これはピッタリサイズのまさかりをはめると開かずの扉が開くやつですね。

この辺りをもっとうろうろしてみたい。ラジオが入りにくいから、あえてバイクで来るのも悪くないかも。

大野山で牛乳を

山北町の大野山かどやファームを目指して車を走らせました。写ってない背中側が山頂です。

大野山は元々県営の放牧場がありました。今は山頂の真下まで車で来れます。駐車場もありますが途中の道が狭いので要注意です。観光ってより仕事場という雰囲気の道。

かどやファームの牛舎。

ちょっとおしゃれ。隣接のまきばの館にある自販機で牛乳が買えます。

同じく大野山にある、薫る野牧場の牛乳(一番左の)が目当てでしたが売り切れ。

足柄うまれのきんたろう牛乳、濃厚で美味しかったです。

東名高速から見えるあそこってどこだろうポイントを解決できました。

牛舎の壁。誰ですか、バンクウシーとか言っているのは(笑)。