月舟記録

写真で綴る日々の記憶と記録。

すくって落とすやつ

f:id:tsukifune77:20181007175405j:plain

ゲーセンのすくって落とすやつ、必勝法は取れそうな時だけやる。以上。
トトロが大中小揃って満足です。

 

イラストのヘタウマ感が気になる。 f:id:tsukifune77:20181113175516j:plain

f:id:tsukifune77:20181113175552j:plain

世の中がきのこ対たけのこで争う中で、ブルボニストの私は「木こりの切株」を求めて東奔西走。もう近所で売ってないのです。

www.bourbon.co.jp

というわけでサク山チョコ次郎を食べていますが、もう少し全粒粉ビスケット感がほしい。アルフォートで代替?いやいやふたを開けて間違い探しがしたいんだ。

 

 f:id:tsukifune77:20181113175620j:plain

のりたまのひよこ。噂には耳にしていましたが初めて見ました。

 

空前のKawaiiブーム。おじさんになるとなぜカワイイものが気になるのか。

座ることを拒否する椅子

先日、私も読者のmashley様のブログにて言及されていた岡本太郎

www.mashley1203.com


ゴルゴ13展を見に行った川崎市民ミュージアムにこの作品があります。

f:id:tsukifune77:20181101160949j:plain

f:id:tsukifune77:20181101161032j:plain

窓辺に並んでいました。高校の美術資料集で見たことある!

f:id:tsukifune77:20181101161153j:plain

焼き物独特の仕上げが印象的。信楽焼のようなつるっと艶やかな質感です。

f:id:tsukifune77:20181101161305j:plain

座ることを拒む強い意志を感じる座面。

f:id:tsukifune77:20181101161412j:plain

 

グイっと寄ってみます。

f:id:tsukifune77:20181101161535j:plain

f:id:tsukifune77:20181101161613j:plain

f:id:tsukifune77:20181101164230j:plain

f:id:tsukifune77:20181101161719j:plain

f:id:tsukifune77:20181101161755j:plain

f:id:tsukifune77:20181101164502j:plain

f:id:tsukifune77:20181101161828j:plain

f:id:tsukifune77:20181101161856j:plain

ここの近くにも岡本かの子文学碑や、敷地内に太郎の彫刻がある高校があります。さすがゆかりの地。ほかにも岡本太郎パブリックアートが多いですね。

 

椅子に腰かけ、太郎についてしばらく思いをはせます。ブログの解説があることで理解が深まりました。芸術の秋を満喫です。

さいとう・たかを ゴルゴ13展

川崎市市民ミュージアムまでゴルゴ13展を見に。

f:id:tsukifune77:20181101155651j:plain

コミックの原画、デューク東郷愛用のM16ほか多数の展示と、ゴルゴの世界を満喫です。

f:id:tsukifune77:20181101155908j:plain

一部が撮影可能でした。仕事場を再現。


f:id:tsukifune77:20181101160028j:plain

f:id:tsukifune77:20181101160100j:plain

f:id:tsukifune77:20181101160225j:plain

等身大パネル。でかい。2ショットを撮ってもらいました。

原画は迫力あります。そして緻密。ぜひ自分の目で。今月末まで開催です。

 

復刻と松竹梅問題

セイコージウジアーロデザイン腕時計が今年も復刻されます。7日に特設サイトが開設されていました。今回はデジタル。


20度の文字盤オフセットはハンドルを握った時に見やすくするためのものです。さすがジウジアーロ、マニアックに言うとジュジァーロ。

f:id:tsukifune77:20181108204639j:plain

1983年に発売されたモデル、一度1999年に復刻された時はムーブメントが似てるけど違うやつでコレジャナイ感あってスルーしました、というかまだ学生で手が出なかった。今回はなかなかよろしいのでは。

量販店では予約も始まってます。裏蓋がパネルバックくらいの違いですかね。


復刻モデルにいつも感じることですが、当時と同じ仕様で出ないのはオリジナルへのリスペクトなのでしょうか。

特に最近のセイコーは、高価なものとベーシックなものとであえて差をつけている印象を受けます。

高価なものをより良く見せるためにベーシックなものを安っぽくしているように邪推したり。

個人的に松竹梅問題と言っていますが、クルマとかにも感じたりします。ベーシックモデルにも作り手の心意気を感じるモノを手にしたいところです。マツダデミオの6ATとか。


というわけで少し遠ざかっていたセイコーですが予約しとこうかなぁ。今月はGショックも5900通称三つ目が出るんですよ。90年代に思春期を過ごした人間としてこれも見過ごせない。

f:id:tsukifune77:20181108210235j:plain

時計表示より大きいインジケーターのムダ感がたまりません。